引っ越しうつ病

春は、転勤や転職に伴い引っ越しが多い季節です。
引っ越しをきっかけにうつ病になることがありますが、これを正式な診断名ではありませんが
「引っ越しうつ病」と呼ぶことがあります。
症状は、通常のうつ病と同様に不眠、憂うつ、意欲低下などがみられます。引っ越しにより
うつ病が起きる理由は、まず引っ越しは作業自体、準備から引っ越し後の整理まで体力を使い
心身ともに疲れることがあります。
また、今までの生活環境、人間関係から離れてしまう寂しさと新しい環境に馴染めず不安が
強くなることが考えられます。

続きを読む

花粉症

花粉症を持つ方はこの時期はとてもつらいですね。 実はこの花粉症は人間だけのものではなかったの です。人間と同じ哺乳類に属する動物達も人と同じ く、外から入ってきた細菌やウイルスから自分の体 を守る免疫という仕組みを持っています。 人間に近い猿はもちろん、身近な猫や犬も花粉症 になるのです。症状としては、くしゃみ鼻水…まさに 人間と同じような症状をみせます。 猿や猫は比較的人間に近いくしゃみや鼻水といっ た症状が見られますが、犬は皮膚炎やアトピー性 皮膚炎の症状が強く出るようです。 花粉症は、戦後にスギの木をたくさん植えたことで、 おおよそ20年くらいで急に増えたと言われています。 花粉症の発症の仕組みは同じことから、動物達の 花粉症も、ここ20年くらいで急増していると思われ ます。人にとってもつらい花粉症は実は身近な 動物達もつらい思いをしているのかもしれません。 この時期にペットに皮膚炎などの症状が出てい たら、人間と同じように早めにお医者さんに診て もらうといいかもしれません。

続きを読む

ウイルス感染症

1月~3月にかけて毎年ウイルス感染症が流行しま す。なぜウイルスは冬場に流行するのでしょうか? 実はウイルスは、空気が乾燥した環境を好むから なのです。 乾燥した環境下では、咳やくしゃみなどの飛沫が飛 び散りやすいため、感染域がどんどんと拡大してい きます。また、乾燥によって喉の粘膜も乾燥し、粘 液が減少します。粘液が減少するとウイルスが喉 の粘膜に付着しやすくなるため、感染率が高くなっ てしまうのです。
1月~3月にかけて流行するウイルス感染症には 「インフルエンザ」「ウイルス性胃腸炎」「溶連菌感 染症」などがあります。 どの感染症も免疫力が弱っていると、感染しやすく なり、感染したときに症状が重くなってしまう恐れが あります。様々なウイルスに感染しないために、 普段から十分な睡眠とバランスのよい食事を 心がけ、免疫力を高めておきましょう。

続きを読む

うつ病と健康な時にみられる「うつ」の違い

・気分が落ち込む、気が滅入ってしまう、元気がない、やる気が出ないことは、人間誰もが経験することです。
 うつ病と誰もが経験する「うつ」との違いは次のようです。

(1)日常生活への影響
   うつ病では、社会生活・日常生活が辛くなり会社に行けなくなる、家事ができなくなるなどの症状がでます。
   健康な時の「うつ」は、日常生活に支障はでません。
(2)持続期間
   うつ病では、2週間以上は続きます。
   健康な時の「うつ」は、1日から数日以内でおさまります。
(3)考え方、とらえ方
   うつ病では、「自分が悪い」という思い込みが強くなり、悲観的な考え方にどんどん偏っていきます。
   「自分は生きる価値のない人間」と自分を責めたり、小さな失敗を「取り返しのつかないことをした」と過大視してしまいます。
   健康な時の「うつ」では、物事の良い点と悪い点の両方が考えられます。周囲の意見を受け入れます。

続きを読む

冬のうつ病

毎年冬になると、はっきりしたきっかけがなく気分が落ち込んだり、体がだるく疲れやすくなり、
春になると自然に回復することがある場合「冬期うつ病」、「季節性うつ病」が考えられます。

・一般のうつ病では、気分が落ち込む・気力が出ない・物事を楽しめない・不眠・食欲低下などの症状があります。
・季節性うつ病では、次のような特徴があります。
1)日中の眠気が強い。
  睡眠時間が長くなる。
2)食欲が増し、ご飯や麺類などの炭水化物やチョコレートなどの甘い物が食べたくなる。

・原因としては、冬に日照時間が短くなることが考えられます。
・対策としては、日光に多く当たることです。
 日光を浴びながら散歩することがすすめられます。

続きを読む