ウイルス感染症

1月~3月にかけて毎年ウイルス感染症が流行しま す。なぜウイルスは冬場に流行するのでしょうか? 実はウイルスは、空気が乾燥した環境を好むから なのです。 乾燥した環境下では、咳やくしゃみなどの飛沫が飛 び散りやすいため、感染域がどんどんと拡大してい きます。また、乾燥によって喉の粘膜も乾燥し、粘 液が減少します。粘液が減少するとウイルスが喉 の粘膜に付着しやすくなるため、感染率が高くなっ てしまうのです。
1月~3月にかけて流行するウイルス感染症には 「インフルエンザ」「ウイルス性胃腸炎」「溶連菌感 染症」などがあります。 どの感染症も免疫力が弱っていると、感染しやすく なり、感染したときに症状が重くなってしまう恐れが あります。様々なウイルスに感染しないために、 普段から十分な睡眠とバランスのよい食事を 心がけ、免疫力を高めておきましょう。

続きを読む